1. TOP
  2. コラム
  3. ソーシャルリスニング分析事例 2021年の「ポッキープリッツの日」を調べてみた!

コラム

ソーシャルリスニング分析事例 2021年の「ポッキープリッツの日」を調べてみた!

ソーシャルリスニング分析事例 2021年の「ポッキープリッツの日」を調べてみた!

11月11日は、「いい獣医の日」「うまい棒の日」など、たくさんの記念日が重なる日です。日本記念日協会に認定された11月11日の記念日は54つで、最も記念日が多い日とされています。

11月11日の記念日の中でも、今回は「ポッキー&プリッツの日」を取り上げます!ポッキーやプリッツは、食べたことは勿論、皆でシェアした経験がある方も多いお菓子ではないでしょうか。

元々、「ポッキー&プリッツの日」は、製菓メーカー「江崎グリコ株式会社」が自社商品のPR活動の一貫として制定したものです。ポッキーやプリッツの形が数字の1と似ているので、平成11年11月11日を第1回の記念日としました。それ以降、毎年多く話題を集めるPR活動がおこなわれています。

そんな「ポッキー&プリッツの日」について、生活者の生の声がリアルタイムに反映されやすいTwitterで、どれだけツイートされていたか、どんなユーザーがツイートしていたのか、どんなことが話題になっていたのか、2019年、2020年、2021年との比較を交えながらご紹介します。


どれだけツイートがあったのか調べてみた!

2019年、2020年、2021年のそれぞれ11月9日から15日までの7日間、「ポッキー&プリッツの日」に関するツイートがどれだけあったのか、ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」を活用して調べました。

分析の結果、2019年と2021年は共に約124万ツイートがあったのに対し、2020年は約104万ツイートでした。2020年に一度下がったツイート数は、2021年には2019年と同程度に回復したといえます。

            「ポッキー&プリッツの日」に関する全ツイート数の比較
  
              2021年12月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
              期間:2019年、2020年、2021年、各年の11月9日~15日の7日間
              分析キーワド:ポッキーの日、プリッツの日、ポッキープリッツの日、ポッキー&プリッツの日


次に、全ツイートの中でも、オーガニックツイート(リツイートでも返信でもない、通常のツイート)に絞ってツイート数を調べてみました。オーガニックツイート数を調べると、リツイートで拡散した投稿や企業のキャンペーン投稿への反響ではなく、どれだけ多くの生活者が関心を持って言及をしたかを把握することができます。

分析の結果、オーガニックツイート数は、2019年からアップトレンドで、2021年には2019年の約1.2倍になっていることがわかりました。「ポッキー&プリッツの日」について、自発的にツイートをおこなうユーザーが増えている可能性があることがわかりました。


          「ポッキー&プリッツの日」に関するオーガニックツイート数の比較



              2021年12月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
              期間:2019年、2020年、2021年、各年の11月9日~15日の7日間
              分析キーワド:ポッキーの日、プリッツの日、ポッキープリッツの日、ポッキー&プリッツの日

どんなユーザーがツイートしていたのか調べてみた!

ツイート数のボリュームがわかることで、どれだけ話題になっていたか、話題化した規模感を知ることができました。では、どんなユーザーがこの話題化に関わっていたのか、気になりますよね?簡単な属性分析ですが、男女比と年代比を調べてみました。分析対象は、2019年、2020年、2021年の11月9日~15日(7日間)のオーガニックツイートとしました。

男女のどちらが多くツイートしていたか?

男女比をみると、どの年も6割弱は男性がツイートをしており、男性の方が多くツイートをしていたことがわかりました。ブームリサーチのようなソーシャルリスニングツールを用いると、こういった属性データを得ることが可能です。

          「ポッキー&プリッツの日」に関するツイートをしたユーザーの男女比


              2021年12月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
              期間:2019年、2020年、2021年、各年の11月9日~15日の7日間
              分析キーワド:ポッキーの日、プリッツの日、ポッキープリッツの日、ポッキー&プリッツの日

 

どの年代がツイートしていたのか?

次に、どの年代のユーザーがツイートをしていたのかを調べると、20代未満が半数以上を占めていることがわかりました。20代未満、20代をあわせると8割以上に達し、毎年若年層が「ポッキー&プリッツの日」をTwitter上で盛り上げていたことがわかりました。

        「ポッキー&プリッツの日」に関するツイートをしたユーザーの年代比

              2021年12月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
              期間:2019年、2020年、2021年、各年の11月9日~15日の7日間
              分析キーワド:ポッキーの日、プリッツの日、ポッキープリッツの日、ポッキー&プリッツの日

2021年はどんなことが話題になっていたのか調べてみた!

2021年の「ポッキー&プリッツの日」に関して、どんなことが話題になっていたのかを調べてみました。分析対象は、2019年、2020年、2021年の11月9日~15日(7日間)のオーガニックツイートとし、自発的にユーザーが話題にしたツイートに絞って分析をおこないました。

分析の結果、特に話題となっていたのは、以下4つのカテゴリーについてでした。

  • ポッキーではなく、やっぱりトッポ
  • ポッキー&プリッツの日以外の記念日
  • 11月11日に間に合わず、遅刻報告
  • ポッキーの中でも「極細」がスキ!


1つずつ、どんな話題だったのかみていきましょう。

ポッキーではなく、やっぱりトッポ

「ポッキー&プリッツの日」だけど、自分はトッポ派!というツイートが多くみられました。トッポは、ポッキーやプリッツと形状が似ていることから「ポッキー&プリッツの日」に話題にされることが多く、ポッキーやプリッツと同様に根強い人気のお菓子であることがわかりました。

 

ポッキー&プリッツの日以外の記念日

楽器の「ベースの日」、中国の「独身の日」、海の生物「チンアナゴの日」など、他の記念日についてツイートするユーザーも多くみられました。記念日が多い日ならではですね!

「ベースの日」に関するツイート


「独身の日」に関するツイート


「チンアナゴの日」に関するツイート


11月11日に間に合わず、遅刻報告

11月11日中にツイートできなかった場合、「遅刻」や「大遅刻」という言葉と共にツイートするユーザーが多くみられました。11月11日が「ポッキー&プリッツの日」であることを思い出した場合や、「ポッキー&プリッツの日」のためのイラストや漫画の作成が遅れたことで11月11日中にツイートできなかったと報告したユーザーが多かったです。ツイートされたイラストや漫画は力作なものが多かったです!


ポッキーの中でも「極細」が好き!

ポッキーなら「極細」が一番好き、というツイートも多くみられました。「極細」をまとめて食べるのが好きなユーザーもいるようですね。

 

最後に

「ポッキー&プリッツの日」は、若年層のTwitterユーザーを中心に、それぞれのユーザーが独自の視点で楽しんでいることがわかりました。今年参加しなかった方も、来年の11月11日はポッキーやプリッツに関するツイートをして、一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 


Boom Research 概要資料

ソーシャルリスニングツール「Boom Research」の概要資料です。調べたいキーワードを入力するだけで、 そのキーワードが ソーシャルメディア上で 「どれだけ」「どのように」「なぜ」 クチコミされているのかが瞬時に把握できます。

 

お問い合わせ

ソーシャルリスニングやツールに関するご不明点は、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6260-6628

(平日10:00-19:00)

1週間の無料トライアル実施中!