1. TOP
  2. ソーシャルリスニング コラム
  3. ソーシャルリスニング 分析事例
  4. ソーシャルリスニング分析事例 漫画「進撃の巨人」について調べてみた!

コラム

ソーシャルリスニング分析事例 漫画「進撃の巨人」について調べてみた!

ソーシャルリスニング分析事例 漫画「進撃の巨人」について調べてみた!

「進撃の巨人」をご存じでしょうか?

進撃の巨人は、別冊少年マガジンで連載された全34巻の漫画作品で、作者は諫山創(いさやま はじめ)氏です。

アニメ版は2013年から放送が始まり、2022年1月現在、最終章である「The Final Season」の後半はNetflixやHulu、アマゾンプライムビデオなどでみることができます。

作中では、人類の生活領域である壁内に攻撃を繰り返す巨人と、それを撃退する人類との闘いが描かれています。独特の世界観やストーリー上に散りばめられている複数の伏線や謎、個性的な登場人物などが魅力で、漫画を読んだり、アニメをみたことがある方も多いのではないでしょうか?

今回は進撃の巨人について、どれだけソーシャルメディア上で話題を呼んでいたのか、そして最もクチコミが多く、人気があるキャラクターは誰なのかを調べてみました。

【目次】

  1. 3年間でどれだけ話題になっていたのか?
  2. 主に話題になっていたのは何か?
  3. 最も話題を集めた人気キャラクターは誰か?
  4. 最後に

3年間でどれだけ話題になっていたのか?

はじめに、直近3年間の「進撃の巨人」に関するクチコミ数の推移を、ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」を活用して調べました。

調査対象とするソーシャルメディアは、生活者の本音がリアルタイムに反映されやすいTwitterとし、そのうちのオーガニックツイート(リツイートでも返信でもない、通常のツイート)に絞ってツイート数を調べました。

オーガニックツイート数にしぼると、リツイートで拡散した投稿や企業のキャンペーン投稿への反響ではなく、どれだけ多くの生活者が関心を持って言及をしたかを把握することができます。

結果はこちら!

               進撃の巨人に関するツイート数の推移


               2022年1月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
               期間:2019年、2020年、2021年の3年間
               オーガニックツイートを分析
               分析キーワード:進撃の巨人
               除外キーワード:フォロー, 人全員, コラボ, 相互, 荒野行動, 楽天, Kyojin, 質問, 匿名質問, 定期, 豪華賞品, まとめbot


2020年は2019年よりやや減っていたものの、2021年には2019年の約1.4倍のツイートがされていたことがわかりました。まだまだ人気のようです!

主に話題になっていたのは何か?

次に、直近3年間で主に話題になっていたのは何だったのかをソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」を活用して調べました。

結果はこちら!

        進撃の巨人に関するツイート数の推移と主に話題となったトピックス


  2022年1月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
  期間:2019年1月1日~2021年12月31日
  オーガニックツイートを分析
  分析キーワード:進撃の巨人
  除外キーワード:フォロー, 人全員, コラボ, 相互, 荒野行動, 楽天, Kyojin, 質問, 匿名質問, 定期, 豪華賞品, まとめbot

TVアニメ「進撃の巨人」は、2019年4月から2019年7月と2020年12月から2021年3月にかけてNHK総合で放送され、話題になりました。

また、2019年9月にKindleストアやDMM.comなど複数の電子書籍サイトと連動した「ほぼ全巻99%OFF 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン」が話題になっていました。これは、進撃の巨人の連載10周年を祝したイベントですね。

キャンペーンを皆に教えたり、ポチったという購入報告や購入して早速読んでいる、というツイートが多くみられました。


2020年には、他のアニメとのコラボイベントやテレビ朝日の番組「アメトーーク!」の題材として用いられることで話題になりました。

そして、2021年4月、連載11年半に幕を降ろす最終話が別冊少年マガジンに掲載されて話題になりました。長期連載を終えた作者の諫山氏に対して、感謝や労いの言葉があふれていました。


2021年6月に最終巻が発売された際も話題になりました。

最も話題を集めた人気キャラクターは誰か?

進撃の巨人では、個性的な登場人物も人気を牽引する理由の1つです。最も話題をあつめている登場人物は誰なのか、気になりますよね?

今回は2021年に最も話題をあつめた登場人物をランキング形式で発表します!
ランキングはこちら!

             2021年 最も多くツイートされた登場人物

               2022年1月 ソーシャルリスニングツール「ブームリサーチ」調べ
               期間:2021年1月1日~2021年12月31日
               オーガニックツイートを分析
               分析キーワード:進撃の巨人
               除外キーワード:フォロー, 人全員, コラボ, 相互, 荒野行動, 楽天, Kyojin, 質問, 匿名質問, 定期, 豪華賞品, まとめbot 

次に、1~3位の登場人物について、どんなことが語られていたのかご紹介します。

1位 リヴァイ・アッカーマン(以下、リヴァイ)

いわゆる、調査兵団の「リヴァイ兵長」ですね!主人公であるエレン・イェーガー(以下、エレン)が調査兵団に所属していた時の上司です。

「かっこいい」「人類最強」と人気です。

また、9位のエルヴィン・スミス(調査兵団の団長。リヴァイの上司)と一緒に多く語られるのが特徴でした。

2位 エレン

進撃の巨人の主人公です。

さまざまな登場人物と一緒に語られることが多く、特に1位のリヴァイ、3位のミカサ・アッカーマン(以下、ミカサ。エレンの家族として育った女性)、4位のアルミン・アルレルト(以下、アルミン。エレンの幼なじみ)と一緒に語られることが最も多かったです。

エレンの誕生日は3月30日なんですね。誕生日を祝うツイートもたくさんありました!

 3位 ミカサ

進撃の巨人のヒロイン的な登場人物です。

エレンのことがとても(時に異常なまでに)好きなのですが、しっかりユーザーにも伝わっていました。

 戦闘が強いため、リヴァイと共に「かっこいい」と語られることも多かったです。

 
どの登場人物が人気かは、ツイートを分類して割合でみると分かりやすいですね。

         2021年 進撃の巨人に関してツイートされた登場人物とその割合

最後に

いかがでしたか?

TVアニメ「進撃の巨人」の最終章である「The Final Season 後編」は、現在さまざまな動画配信サービスから視聴が可能です。

まだご覧になっていない方は、進撃の巨人をこの機にみてみるのはいかがでしょうか。魅力的な世界観や登場人物にハマってしまうかもしれませんよ!
 


Boom Research 概要資料

ソーシャルリスニングツール「Boom Research」の概要資料です。調べたいキーワードを入力するだけで、 そのキーワードが ソーシャルメディア上で 「どれだけ」「どのように」「なぜ」 クチコミされているのかが瞬時に把握できます。

 

お問い合わせ

ソーシャルリスニングやツールに関するご不明点は、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6260-6628

(平日10:00-19:00)

1週間の無料トライアル実施中!